プレママ・母乳育児ママ「ねぇ聞いて!」掲示板

服部店長の母乳育児運営サイト「新米ママのおっぱい入門
母乳育児中のママさん達からお寄せいただいた投稿を紹介しています。
妊婦さん、母乳不足の悩めるママに役立つ情報満載!気になる育児のアレコレ、教えて!困った!6800件以上の過去ログです。

No.6306 今で生後12日目。1週間検診で体重がへっていました。



No.6306 07月17日(Wed) 17:59 投稿者名:美喜子
■ 今で生後12日目。1週間検診で体重がへっていました。
二人目育児なのですが、二人目は女の子で、1週間検診で体重がへっていました。お医者さまに母乳の出は大丈夫なのでまた次週体重測定にくるようにいわれたのですが、1回の授乳に30分以上かかってようやく40ccほどしか飲んでくれません。あとで搾乳して不足分をあげてる状態なのですが、このまま母乳だけでいけるのかとても心配です。すいかたも弱いようにおもえるのですが、、毎回搾乳するのもつかれてしまいますし、、体重が増えると哺乳力は強くなるものなのでしょうか?
また、搾乳せずおっぱいからあげたほうがいいのでしょうか?上の子は順調に体重も増え母乳だけでいけたのですが、、、

No.6321 07月18日(Thu) 14:38 投稿者名:まーママ1歳8ヶ月(男)・3ヶ月(女)
■ 上の子さんはおいくつ?
> 二人目育児なのですが、二人目は女の子で、1週間検診で体重がへっていました。

私もついこの間同じような状況だったのでひとこと。
誕生時の週数や体重などにもよりますが、母乳だけなら生後1週間や2週間では体重が誕生時まで戻らないこともそう珍しいことではないのでは?この暑い時期ですし、授乳回数や時間にはこだわらずに赤ちゃんの欲しがるままにおっぱいをあげつづけていれば大丈夫なのでは?おしっこの量をみれば飲めているかどうかの目安にはなりますよね。というか、今回私はそうしていました。因みに私は同じくらいの時に計ってみたら、1回の授乳に30分以上かかってようやく15ccでした。ってことは、あと回数でクリアしていたので、一日中おっぱいにぶらさげてるみたいな感じ。出ていないわけではなくて、搾乳すれば100ccくらい楽に搾れたので「こんなに出てるんだから飲んでよぉ」って感じでした。乳首に慣れないのと、胃が小さめ?だったのか一度にまとまって飲めなかったんですかね。私はある程度おっぱいの方がはって我慢できない時とかは搾乳して飲ませましたけど、極力直母で頑張ってもらいました。上の子の時、哺乳瓶の乳首に慣れておっぱいをいやがったりして苦労したので、赤ちゃんには大変だろうけど「アナタにはこれしかないのよ」といいきかせて。搾乳すると量がわかって安心だけどね。ウチの場合、上の子の時私も母乳のことあまり知らなかったし、すっごくナーバスになって、ほんっと毎回授乳量計って記録して搾乳かミルクを足してたんですね。でも、今回は毎回搾乳する余裕もなかったし、とにかく直母でやってみよう、と思っていたので吸わせ続けました。産後しばらくは実家の母が手伝ってくれていたのでそれもできたかな。結果はというと、二ヶ月までは尋常でない頻回授乳でしんどかったぁ。でも今はもう楽チン。下の子の体重は回数で稼いだ分、しっかり増えて飲ませすぎないようにするのに苦労しています。

上の子の年齢にもよると思うけれど、ウチの場合は一歳半あきで赤ちゃん帰りするまでもなくまだまだ赤ちゃん。どちらにも物理的に手がかかるから絶対私ひとりではストレスがかかります。子供にもね。だから、実家の両親にちょくちょく来てもらったり、ご近所のお友達の力をめいっぱい借りてます。それでも上の子おんぶして下の子ダッコしてあやしたり。下の子ダッコしながら掃除機かけとかいろんなことしたり。もう、ゲーム感覚ですね。こんなこともできるぞぉ、って。

上の子に手がかかったり昼間横になる時間がとれないと、頻回授乳はほんっとにキツイので自分の状態と相談しながらですけど、気を楽に持って乗り切って欲しいなぁ。

私の産院のドクターは母乳育児推進派だったけど、退院までに体重が戻らないのは普通だけど気になるならミルクを足せば増えますと。なにも最初っから完全母乳を目指さなくても、極端におしっこがでていなかったりして心配だったら搾乳するなりミルクを足すなりしてのんびり完全母乳に持っていってもいいじゃん、二人目だとそれ相当に難しい面もあるからね、との、なんでもあり母乳派でした。そう言われて逆に母乳オンリーで頑張っちゃった感がありますが。でもそんな先生ばかりではないですからねぇ。
まぁ、とにかくまだまだ産後のママの身体も本調子ではないのだから、時にはゆっくりハーブティーでも飲んで、休むのも仕事よぉ。ねぇ!


Copyright © 2000- 母乳育児 新米ママのおっぱい入門 All rights reserved.
このサイトに掲載されている情報・画像・文章の著作権は、紗吉-さきち-または情報提供者にあります。
無断で転載することは堅くお断りいたします
PAGETOP