プレママ・母乳育児ママ「ねぇ聞いて!」掲示板

服部店長の母乳育児運営サイト「新米ママのおっぱい入門
母乳育児中のママさん達からお寄せいただいた投稿を紹介しています。
妊婦さん、母乳不足の悩めるママに役立つ情報満載!気になる育児のアレコレ、教えて!困った!6800件以上の過去ログです。

No.8718 アトピーだった



No.8718 10月09日(Wed) 15:20 投稿者名:まーちん6ヵ月♂
■ アトピーだった
以前、アトピーについて相談させていただきました。
涼しくなったけど、肘の裏など湿疹がひどくなっているので検査してもらいました。
先生ってば見たとたん、教科書どうりのアトピーの症状だね~って。でも、その先生は私が一歳まで離乳食を
はじめないつもりってはっきり言ったら、がんばれって
言ってくれました。両親や義母から非難ゴーゴーの毎日だったので、うれしかった。
っで、遅まきながらなんですがアトピーについて勉強しようと思い、ブックサービスっで検索しましたが、
大量の本にくらくら~。
アトピーについてや、石鹸ライフなど、いいよ~っていう本がありましたら、教えてください。

No.8840 10月12日(Sat) 05:10 投稿者名:まーママ1歳11ヶ月(男)・6ヶ月(女)
■ Re: アトピーだった
がんばれ、って言って下さる先生に出会えたとのこと、なにより心強いですね。

私は非難ゴーゴー真っ唯中です。数日前にも義母がわざわざ主人を通して離乳食を進めるように意見してきたので、ちょっとイライラしてたんです。(笑)うちは本人に症状が出ていないので、可能性があるからと言っても誰も賛同できない・・・。まっ、それももっともな話なんですが。
実母でさえも離乳食はじめないのは私の手抜きや、というのでもう既に周りに説明して納得してもらうのは諦めてます・・・。
アレルギーと母乳の関係について、「母乳で育てる元気な赤ちゃん」に少しの記載はありますがそれ以上の知識は私もないので一緒に勉強していきたいなぁ。いい本みつけたら教えてくださいね。(そうそう。この本の参考文献にあがっている本を見てみようかな、って思っているんですけど、まだ探せていません・・・。)

No.8855 10月12日(Sat) 15:05 投稿者名:ゆうたんママ(11カ月女の子)
■ Re: アトピーだった
うちはアトピーではありませんが、小児科の先生は、『アトピーは皮膚科に行って薬で治すのではなく、食事療法(除去食とか)で治さないとダメなんだ』と言ってましたよ。そして、そういった食事療法は1歳までに始めたのと、1歳以降に始めたのでは、その後の、ほかのアレルギーへの移行率が全然違うんだそうです。つまり食事療法を早くに始めたほうが重症化しないと言うことになります。たぶん消化管の完成(というか丈夫になる時期)と関係してくるんだと思います。
とにかくアレルギー治療に熱心な小児科医を見つけると良いと思います。その医師の指導に従って少しずつ離乳食を始めてみるとか。とにかく医師がバックについてるほうが、親や姑さんに説得力があるでしょう。
それから、忘れてはいけないのは、アレルギーはただの湿疹だけではなく、ショック状態で呼吸困難に成ることもありえる、とお姑さんや親にもくぎをさしておくこと。そうでもしないと、勝手に食べ物を与えかねないと思います。お子さんはあなたが産んだんですから、周りの勝手は許してはダメです!

No.8859 10月12日(Sat) 20:07 投稿者名:もす 11ヶ月 ♀
■ Re: 参考になりますか、どうか・・。
> アトピーについてや、石鹸ライフなど、いいよ~っていう本がありましたら、教えてください。

山西みな子さんの『母乳で育てるコツ』の後ろのほうに紹介が載っていて、図書館で借りてみたのですが、
松村龍雄著『自然流育児』主婦の友社 には回転法だとか結構詳しく載っていたと思います。
でもちょっと古い本でしたが・・・。
後同じく『母乳で・・・』の本の帯に、
福井早智子著『アトピーっ子にしない母乳育児ブック』神泉社¥1600 
母乳育児相談のベテランが世に問う、乳幼児アレルギー予防のための必読書 と説明が書いてありました。
こちらの本は読んだことありませんが。
確か福井先生は、開業の助産婦さんだったような気がします。

 

No.8861 10月13日(Sun) 06:19 投稿者名:まこりん ・7ヶ月・♂
■ がんばりましょうね
うちも症状は耳切れと顔の湿疹だけですがアトピってます。
アレルギー検査は今のところ卵白に反応があります
離乳食は六ヶ月から抗原度の低いものから様子を見て食べさせて
たんぱく質だけ一才以降にすることで始めました。
まーちんさんのかかられているお医師とは違いうちは遅らすだけでも
非難ゴーゴーです。応援してくれる先生がいるなんてとってもうらやましいです。私も”母乳で育てる元気な赤ちゃん”は愛読書です。
参考にしながら離乳食を進めています。あとこの間読んだいい本あったんですけど図書館で借りた本なので題名わすれちゃってごめんなさい
アトピー系の本って書いてあること色々なんでとりあえず目をとおして自分にあう方法だけ取り入れてやってます。本って買うとかさばるし
費用もかかるでしょ お近くに図書館あれば利用されるといいですよ
石鹸の本もなにかとありますが個人的には太陽油脂から送られてくるダイレクトメールがおもしろいです 石鹸のことだけじゃなくて狂牛病のこととか色々載ってて勉強になります。これは太陽油脂の製品、通販で買うと
勝手に送ってきます。試供品だけでも来たかな?
心配はつきないですけどおたがいがんばりましょうね

No.8864 10月13日(Sun) 11:45 投稿者名:かっぽ 6ヶ月 娘
■ Re: アトピーだった
こちらのHPの紗吉さんが と~ってもわかりやすい石鹸の説明をしてくださってますよ(^-^)
購入方法もわかるし(ほとんどが簡単に手に入るもので充分ですし)
使い方!?も懇切丁寧に書いてくださってますので オススメ!!
石鹸はいいですよぉ~ほんと これ一個で事足りますから。
赤ちゃんのお肌にももちろんOK! ウチの娘も愛用してます。

まーちんさん 味方になってくださるお医者様と出会えたなんて
ラッキーなスタートでしたね。 
白衣のセンセが後ろ盾になってくれるのなら百人力ですよ。
の~んびりゆっくりとママのおっぱいを通しながら
赤ちゃんにとって大丈夫なものを見つけていけばいいんですからね。

『生まれる前と生まれてからの予防と治療のあとぴー献立250』
 農文協・出版
 道端正孝、山田哲男、山田紀子、飯野文子・著

という本を読まれてはいかかでしょうか。
小児科医と産婦人科医と栄養士が強力タッグを組んだような本で
アレルギーのメカニズムから食物療法・季節の献立などなど盛りだくさんで
1400円は安いっ! (^◇^;)
野菜や魚介類のアレルギー強度一覧表もあるので ママのお食事作りにもいずれ始まるお子さんの離乳食作りの際にもお役立ちだと思います。
それと 食物アレルギー研究の権威といわれた松村龍雄教授の
『食べもので治す子どものアトピー・食物アレルギー入門』
農文協・出版 
もわかりやすいですよ。
周りに説明がめんどくさかったら「これ読んで」って渡せば効果あります。
...ワタシはけっして農文協のマワシモノではありませんが
この出版社は良書が揃っていると思います。
松村龍雄教授は もすさんが紹介されている『自然流育児法』の著者です。
山西みな子先生はこの松村教授に師事して乳質とアレルギー関連の著書を出されていますね。
山西先生曰く「赤ちゃんが許してくれる(皮膚症状などが出ない)食べ物」を探して
毎日おいしいおっぱいを用意してあげればいいんですよ きっと。

...ウチの子もたぶんアトピー...
でも悲観的にならずに「今わかってよかった!」って思うようにしてます。
ワタシの食べたものに如実に反応してくる肌なので気が抜けませんが
毎日「これならどうだっ!」って感じで 
娘が「許してくれる食物」を探すのを最近の楽しみにしてます。
ここにも一人 「一歳までは母乳で育てよう」と思っている母がおりますので
一緒にがんばりましょう(^-^)/

No.8936 10月15日(Tue) 16:09 投稿者名:まーちん6ヵ月♂
■ Re: アトピーだった
まーママさん、ゆうたんママさん、もすさん、まこりんさん、かっぽさん、ありがとうございました。
アレルギーの検査結果がでたので、今日から私が除去食です。
卵、牛乳、小麦、大豆と出たので、玄米菜食の世界に突入です。
卵がダメなら鶏肉もダメ、牛乳がダメなら牛肉もダメ
麺類もダメ~。っということですが、食物アレルギーは
一歳頃には消えていくだろうということや、挫折したら
その時考えようっと、先生が追い込まない言い方をしてくれたので、頑張れそうです。
頑張れば、母乳をあげ続けられるのだから、こんなことで
弱音を吐いたら、母乳があげられないママさんや、母乳100パーセントを目指して頑張っているママさんに、申し訳ないですよね。
アトピーの本の情報をありがとうございました。
早速、読んでます。そして、家の中から、合成洗剤も消えました。
頑張っているママさんが、ここにいると思うと、とても
気持ちが楽になります。本当にありがとうございます。

No.9000 10月16日(Wed) 20:26 投稿者名:まーちん6ヵ月♂
■ 愚痴
> 以前、アトピーについて相談させていただきました。
> 涼しくなったけど、肘の裏など湿疹がひどくなっているので検査してもらいました。
> 先生ってば見たとたん、教科書どうりのアトピーの症状だね~って。でも、その先生は私が一歳まで離乳食を
> はじめないつもりってはっきり言ったら、がんばれって
> 言ってくれました。両親や義母から非難ゴーゴーの毎日だったので、うれしかった。
> っで、遅まきながらなんですがアトピーについて勉強しようと思い、ブックサービスっで検索しましたが、
> 大量の本にくらくら~。
> アトピーについてや、石鹸ライフなど、いいよ~っていう本がありましたら、教えてください。

No.9001 10月16日(Wed) 20:36 投稿者名:まーちん6ヵ月♂
■ 愚痴っちゃいます
義母に言われちったよ~
「何も食べてない、母乳の子が湿疹が出たりアトピーになったりするのは、やっぱり母乳が原因って話してたのよ。あなたの母乳が悪かったのね。
アレルギー用のミルクがあるのなら、早くそれに
切り替えたら。除去食だと、あなたがやせていいわよ。」
頑張ってる私にいう言葉か・・・っと思いましたが、孫可愛さのあまりとも思い、我慢しました。
後から思い出すと、悲しいやらくやしいやらで、涙が出てきてしまいましたよ。
桶谷も頑張ってるし、妊娠中から乳製品、卵は控えていたけど、アトピーの出た我が子を見ながらやっぱり自分の
努力が足りなかったんだと、思っていたところへのこの言葉は、胸にぐさぐさ。
でも、もっと辛い状況のママさんもいるんだから、へこたれないで、気持ちを切り替えようと思います。

No.9007 10月16日(Wed) 22:25 投稿者名:まーママ 1歳11ヶ月(男) 6ヶ月(女)
■ Re: 愚痴っちゃいます
ごめんね、私も悔しくて思わず泣いちゃいました!

主人が小さい頃あらゆるものにアレルギー反応があったということで、上の子からずっと完全除去とかではないけれど食べる物には気をつけ、もちろん下の子も離乳食は遅らせているんですけどね。
今朝、上の子が蚊に刺されてすっごくはれちゃったんですよぉ。唯の普通の蚊にかまれただけなのにひどい腫れで驚くやら、痒がって半日泣きつづけられたもので切なくなっちゃいました。やっぱりアレルギーの体質はしっかり受け継がれている、ってことですよねぇ。上の子には10ヶ月でおっぱい取り上げちゃったのでそんな悔いもあっていろいろ考えちゃいました。
 食事に気をつけるということは、食物アレルギーをおこさないようにするのみならず、他の抗原をつくらない為にも意味のあることだということで私もこれからも気をつけていこうと思います。
 アレルギーにはストレスも厳禁、といいます。こころない言葉は聞き流して、赤ちゃんの笑顔だけ見て母乳の力を信じて、やっていきましょうよね。

No.9014 10月17日(Thu) 00:09 投稿者名:yulan2ヶ月後半♀
■ Re^2: 愚痴
なんて酷いことを!!! こっちのほうが思わずムカっとしてしまいます。
>義母に言われちったよ~
>「何も食べてない、母乳の子が湿疹が出たりアトピーになったりするのは、やっぱり母乳が原因って話してたのよ。
>あなたの母乳が悪かったのね。アレルギー用のミルクがあるのなら、早くそれに切り替えたら。除去食だと、あなたがやせていいわよ。」


何でしょう、この言い草は!まーちんさんが、これまで頑張っておっぱいをあげてきたからこそ、その程度でおさまっているんではないですか!もし、ミルクに離乳食・・・・なんて当たり前のようにあげていたら、今ごろは薬漬けになっているかもしれないんですよ!「これまで頑張っておっぱいあげてくれたから、これぐらいで済んだんだね、これからもっと大変になるけど、応援するから頑張ってね」ぐらいのこと、言って欲しい!

 おっぱいは、確かに母親の食事によって抗体や抗原が増減する、不確かな部分を持っています。でもそれだからこそ、まーちんさんのベビイに合ったおっぱいを作ることが出来る(除去食によって)のです。専用おっぱい、フルオーダーですよ!しかも、自然な状態で作られる、新鮮、安全な栄養源です。
 除去ミルクなんて、聞こえは良いですが、天然で蛋白フリーになんてなりません。薬品を使って除去するんですよ?どこが安全なんでしょう?除去ミルクの次世代までの影響なんで、まじめに研究されているんでしょうか?それに、ミルクは牛乳、除去ミルクは大豆から出来てますから、次のアレルギーを起こしてしまう可能性すらあります。そういうとこまで考えて、言って欲しいです。

>今日から私が除去食です。
>卵、牛乳、小麦、大豆と出たので、玄米菜食の世界に突入です。
>卵がダメなら鶏肉もダメ、牛乳がダメなら牛肉もダメ麺類もダメ


 もともと、日本人の生活には無かったものが多いのです。元々日本人消化機能では、牛乳は消化できないのがその証明みたいなものですね。牛から出来る食べ物、鶏からできる食べ物、パン、は食べないほうがいいという事です。特に輸入食品には注意したほうが良いそうですよ。残留農薬(この単語もだいぶメジャーになりましたね)が、アトピーを誘発するという説もありますから。やはり、国産の安心して食べられる食材を選びたいですね。エンゲル係数は跳ね上がりますが(; ;)

 この際ですから、和食のスペシャリストを目指して頑張って下さいね(^ ^)

>一歳頃には消えていくだろうということや、挫折したらその時考えようっと、先生が追い込まない言い方をしてくれたので、頑張れそうです。


 良い先生に出会えて、良かったですね!食事は毎食のことなので、大変ですが、食は命の源です。食を大切にする家庭なら、食べ物や健康、ひいては命を粗末にするようなお子さんにはならないことでしょう。ついでにご家族も生活習慣病や、小児生活習慣病からは無縁の健康生活を送れますよ。どうです、お義母様まで巻き込んで、健康生活を目指すというのは?(嫌味?)

 1歳になれば、ベビイの消化機能が発達してきますから、母乳からダイレクトに影響を受ける確率は下がります。この時期頑張っておけば、ベビイの一生の抗原を、一つでも減らせるかもしれませんから、頑張りましょうね!

No.9028 10月17日(Thu) 09:07 投稿者名:かっぽ 6ヶ月 娘
■ e(^。^)g_箕可!!
まーちんさん よくガマンしたね。 ...ワタシまで悔しくて涙が出ましたよ。
ほんと大人げないというか...はぁ...もし近くに住んでいたら飛んでって「母乳がアレルギー児にとってどれだけ重要なものか」をトクトクとお姑さんに指導したいとこよっ!!!
でもね~ これはもぉ共通の「ジジババ思考」だと思うんですが 彼らははっきり言って「そんなコトほんとなの??」世代なんじゃないでしょうか。 アレルギーがどんなふうに体の中で出来上がるかなんて懇々と説いたって しょせんは柳に風・・馬の耳に念仏・・・到底 除去食なんて もぉ理解不可能の世界なんだと思いますよ。
ウチも初めは真剣に「アレルギーとはどういうものかっ!」とか「講義」してたんですけどね 外出先のお蕎麦屋で「もう5ヶ月になったんだもんねぇ~」なんて言いながらそば湯を飲ませようとしたのを見て「ダメだこりゃ..」と悟りましたよワタシ。(..ちなみにそば湯を飲まそうとした義父の手を鷲掴みにしたワタシの形相はさながら鬼女のようだったとか..義母の弁(^◇^;)
で 作戦変えました。作戦名は『アホな嫁で すんませんね~』です。(そのまんま..) 敵!?に真剣に向き合うとこっちの神経が擦り切れちゃうな と感じたので 今じゃもう義父母に会う時はワタシあらかじめ頭のネジ3本くらい抜いてきます ハイ。
以下 野際陽子調で読んでください...\(__ )
「あら~大変! どうしてこんなとこに湿疹ができてるのっ!?」
「かわいそでちゅね~おっぱいがおいしくなかったんでちゅか~?」
「かっぽさんっ!あなたちょっと母親として恥ずかしくないんですかっ」な~んて言われても今はもうへっちゃら~テキトウに「あらら~ホントだぁ」「そんなことはないでちゅよ~ゴクゴク飲んじゃうくらいダイシュキでちゅよ~」「でへへ~」っと返すようにしました。 今まで「良い嫁・良い母」になるだろうと期待していた(らしい)義父母はワタシのあまりの変貌ぶり!?に思うところあったみたいで最近じゃ嫌味もパワーダウンしてますもん。v(^^)v
目の前にいる我が子 そして彼らにとっても可愛い孫が湿疹で痒がっている姿を見たりしたら どうしても皆「深刻」になっちゃうと思うんですよね。 だからそこをあえてはずして「いや~今この子にとってダメな物がわかって良かった。これがミルク飲んでて2~3歳頃に発症してたらこの子自身にいろんなものガマンさせなきゃなんないから可哀相だったもんねぇ。今は私が我慢すればいいんだし 慎重にこの子にとって大丈夫な食べ物を探せるから早くわかってラッキーでしたよね~。」って言ってみるノー天気さもこれからの治療には必要だと思いますよ。強い母になるには演技力も必要なのでR。

> 桶谷も頑張ってるし、妊娠中から乳製品、卵は控えていたけど、アトピーの出た我が子を見ながらやっぱり自分の
> 努力が足りなかったんだと、思っていたところへのこの言葉は、胸にぐさぐさ。


これはね まーちんさん 全然悩まなくていいのよっ!もう過ぎた事なんだし 大体アレルギーとかアトピーとかって妊娠中気を付けてたからなりませんでしたってもんじゃないし はっきり言って一個人があぁだこぉだして根絶できるものじゃなくて根っこを引っ張ると環境汚染とかとんでもなくデカイ問題を掘り出さなくっちゃいけないことなんですから。

> でも、もっと辛い状況のママさんもいるんだから、へこたれないで、気持ちを切り替えようと思います。


まーちんさん えらいっ!!その調子よっ!!!一緒にがんばろうねっe(^。^)g_ファイト!!

...でも「もっと辛い状況のママさん」ってもしかしてワタシのことかも...あと30分もすれば義父母の日課である「甘い物ご持参(ヾ(・・;)ォィォィ)孫訪問」のお時間でする~~~はぁ...

No.9032 10月17日(Thu) 11:27 投稿者名:ぴのこ 1歳4ヶ月女
■ Re: e(^。^)g_箕可!!
横レスですが、かっぽさんってアッパレ!!
激しく賛同かも~。
という私は姑も舅もこの世にいないのでヨメ体験はないのですが、議論しても無駄系のおばさまたちにはアホで通すことにしております。それもひとつの処世術!ってね。
ちなみに私も農文協は好きなシリーズです。

まーちんさんへ。
母乳がアトピーの原因って、ひどいこと言われましたね。私だったら一生心の中で恨みに思っちゃうかも。でも、アトピーとアレルギーってちょっと違うし、体質的なことが大きいとおもいますよ。
それに、アレルギーやアトピーの子ならなおさら、なるべく長く母乳で育てることが大事です。母乳に含まれるIgAはアレルギーを抑えてくれます。そのへん、お義母様に理解していただきたいものですね。この際権威に頼って「アメリカ小児科学会がアレルギーッ子には母乳育児をすすめてる」と教えてあげましょう。
よかったらこのページを読んでください。母乳とアレルギーについて。
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~oyanokai/mothersmilk/mothersmilk3.html

No.9053 10月17日(Thu) 21:58 投稿者名:まーちん6ヵ月♂
■ Re: ありがとうございます
まーママさん、yulanさん、かっぽさん、ぴのこさん、力強いお返事をありがとうございます。
うれしくて、またまた泣きながら読ませていただきました。
母乳の威力をわかっていない人に、何を言われてもへーきっとなれるように、自分にもっと自信が持てるように、もっと、いろいろ勉強します。
あと、頭のねじを2・3本抜く技も、身に付けて、無敵のちっちママを目指します。
母乳だから、今の湿疹の状態で済んだんだと言って頂けて、とてもうれしかったです。
皆さんに励まされて、今日も楽しくちっちタイムを過ごせました。ありがとうございました。


Copyright © 2000- 母乳育児 新米ママのおっぱい入門 All rights reserved.
このサイトに掲載されている情報・画像・文章の著作権は、紗吉-さきち-または情報提供者にあります。
無断で転載することは堅くお断りいたします
PAGETOP