プレママ・母乳育児ママ「ねぇ聞いて!」掲示板

服部店長の母乳育児運営サイト「新米ママのおっぱい入門
母乳育児中のママさん達からお寄せいただいた投稿を紹介しています。
妊婦さん、母乳不足の悩めるママに役立つ情報満載!気になる育児のアレコレ、教えて!困った!6800件以上の過去ログです。

No.8768 母乳で育てたいのに・・・



No.8768 10月10日(Thu) 18:02 投稿者名:ベルーガ 3ヶ月 Boy
■ 母乳で育てたいのに・・・
聞いて下さい!今日とてもショックな事がありました。

最近ようやく母乳だけでいけるようになり、本当にうれしく思う毎日でした。
今日はどうしても用があり、実家の母に来てもらって赤ちゃんを見てもらっていました。
そして帰宅するとなんと、勝手にミルクをあげていたのです。
その光景を見るなり、私は怒りがこみ上げてきて涙が止まりませんでした。
今までどれだけ苦労して辛い思いをしてここまでやってきたのか。本当にくやしくてたまりませんでした。
実家にいる時から、母とはミルクを足す、足さないでいつも喧嘩していました。

うちの子は、生まれた時も2805gしかなく、3ヶ月の今も4300gほどしかありません。かなり小さいです。
だから親が心配するのも分かるのですが、私はどうしても母乳で育てたいのです。

今でも母乳が足りているのか本当に不安です。このまま体重も増えなかったらどうしようという心配もないと言えば嘘になります。
でも赤ちゃんはとても元気だし、やっと落ち着いておっぱいをあげられるようになったので、このままやっていきたいのです。

今後も親がうるさく言ってくるかと思うと、本当に憂鬱です。実家への足も遠のいてしまいそうです。

今日の出来事で、少しおっぱいの出が悪くなったように思います。

母乳で育てることは、私の勝手なのでしょうか?

No.8773 10月10日(Thu) 18:44 投稿者名:めーめー 7ヶ月の日本男児
■ Re: 母乳で育てたいのに・・・
うーん・・ショックを受けられる気持ちはすごくよくわか
るんです。ご自分を否定されたように感じちゃったのでし
ょうね。

でもね、ちょっと発想をポジティブに転換してみませんか?
留守の間お母様に見てもらっていたんですよね。
ということはその間のお子さんの授乳はどうされるおつも
りだったのかな?
お母様としては今回の行動は「小さいから大きくしなきゃ」
ではなくて、「娘が母乳をやるとはいっているものの、すぐ
帰ってくるかはわからないのにこんなにお腹を空かせて大泣
きしている。なにもあげないでいるのはかわいそう」という
親心から起こした行動じゃないかな?と私は思うのですよ。
だっておばあちゃんじゃ、母乳はでませんよね。出たらこわ
すぎる^^;
ベルーガさんがこの立場になったらどうしましょうか?

うちはベルーガさんのところよりもっと小さく2180gしか
なかったんですよ。元気な子だったのですが出産二日目に私
とはNICUのある別の病院に運ばれ、退院も二週間伸びちゃい
ました。
それはもう周囲からの「ミルク攻撃」はすさまじかったです
よー。でも母乳で育ててあげたかった。それに応えて日本男
児は私の乳首は小さく飲みにくかったはずなのに、がんばっ
てくれました。今でも夜寝る前だけミルクを飲む混合くんで
すが、哺乳瓶大嫌いのおっぱい魔人です。体重は標準ど真ん
中になってくれました。

>苦労して辛い思いをしてここまでやってきたのか。本当にく
>やしくてたまりませんでした。

なんてネガティブなこと言わないで、もう少し肩の力抜いて
いきましょうよ。ミルクもあるさーくらいの気持ちでね。
私はそう思うようになってから、母乳が軌道に乗ったのを
覚えています。

No.8776 10月10日(Thu) 19:21 投稿者名:こーゆ 11ヶ月 女の子
■ Re: 母乳で育てたいのに・・・
ベルーガさん大丈夫ですか?
私も同じようなことを姑にされたので、お気持ちよくわかります。
実はもうあれから10ヶ月も経つのに未だに私はそのことに対して
姑を許すこと出来ませんもん。
私の場合その時はほとんどミルクだったので、母乳を上げる前に勝手に
姑がミルクをあげたことが許せなかったの。
ベルーガにとって実のお母様とはいえやはり、やってはいけないことだと
私は思います。
母乳がすべてだとは思いませんが、自分の赤ちゃんにその時その時で、
出来る限りのことをやってあげたいと私は思ってます。
3ヶ月で4300グラムもあれば十分じゃないですか。
もし、母乳が足りなければ、赤ちゃんがぐずりますよ!!
赤ちゃんがご機嫌なら、今のままで十分だと思います。
ベルーガさんは全然勝手じゃないです!!
なんかめちゃめちゃな文章になってしまいましたが、
私がそれをされた時しばらく泣いて暮らしちゃったので、
ほんとに落ち込まないでね。
そうそう、うちは今は母乳だけで、ちょっとづつですが
大きくなりましたよ。

No.8778 10月10日(Thu) 20:07 投稿者名:ベルーガ 3ヶ月 Boy
■ Re^2: 母乳で育てたいのに・・・
めーめーさん、こーゆさん ありがとうございます。
今はだいぶ落ち着いてきました。

私の説明不足でしたが、外出は1時間程、出かける直前にも飲ませて、帰ってからまたおっぱいあげるからと言って出かけたのにもかかわらず、ミルクをあげてたんです。
赤ちゃんがどのくらい泣いたのか分かりませんが、「勝手に」あげた事が許せなかったんです。

こーゆさんも同じことされたんですね。
お姑さんなら 言いたい事も遠慮して余計につらかったんじゃないですか?

私自身、ミルクをあげる行為自体がストレスになるので、できればこれからは母乳オンリーでいきたいと思っています。
どうすれば親は理解してくれるんでしょうね。

No.8777 10月10日(Thu) 20:00 投稿者名:うりぼう 1歳1ケ月 ♂
■ Re: 母乳で育てたいのに・・・
こんにちは。お気持ち痛い程分かります。
私の母も30分おきに泣く息子をみて「母乳足りないんじゃないの?少しくらいミルク足せば?」と言われて何度切れそうになったことか。。。私だって、いつも母乳不足かも?ミルクを足してあげるべきかもと葛藤している。空腹で泣いているかもしれない我が子が可愛いからこそ、母乳育児で頑張ろうと思っているのに。。。と。今思えばその頃は1度でもミルクを足そうものなら、母乳の分泌は減り、哺乳瓶の吸いやすさを覚えてしまい、母乳育児はダメになってしまうとかたくなになり過ぎていました。そして、ミルクが悪のようにすら思ってました。私自信ミルクで育ったのに。。。そんな私の姿は、母にとって、自分の育児が否定されているように感じさせてしまったのでは?と今になって思います。ミルクだって愛情たっぷりであげれば、悪いものではないのに。。。そんなにピンと張り詰めた状態では母乳もでなくて当然ですよね。不思議な事に、1日に1、2回位ミルクを足したって大丈夫なんだって、心から思えた頃に、ミルクを足さなくても大丈夫になりました。親子でも育児の仕方はそれぞれだけれど、どちらも赤ちゃんのことを思う気持ちは一緒なんですよね。お母さんにどうして、こんなに母乳育児にこだわるのか、母乳育児のここがすばらしいということ、そして子育ての主役は自分なのだから、私のここだけはゆずれないということには協力してほしいこと、話し合われるといいですよ。最近、私の母も、母乳1本でここまで元気に大きく育てて、あんたよく頑張ったね。って言ってくれて、涙がにじみました。自分がいない時に、少しくらいミルク足したって、大丈夫!お母さんも心配でしょうがないんですよ!自分と一緒に赤ちゃんの成長を心から心配してくれたり、喜んでくれたりする人がいるって、本当に幸せなことですよ。肩の力を抜いて、今の時間を一緒に楽しめるといいですね!

No.8781 10月10日(Thu) 21:57 投稿者名:どんちゃっく 9ヶ月 男の子
■ Re: 母乳で育てたいのに・・・
私も同じ経験をしましたねえ。
うちは旦那でした。
と言っても、うちはミルクではなく白湯でした(笑)。
私も「1時間で帰るけど、泣いたら白湯を少し飲ませてね」と言って出かけ、帰ってきたら白湯を80ccもあげられていたんです。
白湯とはいえ、飲まされたすぐはやっぱりおっぱいに吸い付きませんでした。
いやあ、あのときは怒りました。
私がこんなに母乳で頑張っているのになんでよ!少しだけって言ったでしょ!!ってかんじで。
今考えれば、あのころは一回でもほ乳瓶を使ったらもうおっぱいには吸いつかないんだーって強迫観念があったんですね。
私の場合自分が白湯を飲ませてねって言ったのに、多めに飲まされただけできれてしまいましたから、かってにミルクを飲まされたベルーガさんのショックはよく分かりますよ。
でもねえ、今になってみるとあのころって余裕なかったなあと思いますね。一回くらいほ乳瓶使われたからって、おっぱいとまったりしません。

ベルーガさんが怒っているのは「勝手に飲まされた」ことみたいですが、それも時がたってみれば、なんであのときはあんなに腹が立ったんだ?ってかんじになりますよ。今は、うまくいかないことが多くてベルーガさん自身も余裕がなくなってるんですよ。私もそうだし、みんなそうです。

大丈夫、大丈夫。
勝手に飲まされたけど、それくらい平気平気。
それに、これから預けたりしていくとまあ、色々やられますよ。
離乳食になったらまだあげていないものまで、食べさせられたりとか。
私は、どうしてもやって欲しくないことは事前に言っておきます。
うちは実家の母は私が怒ると孫を連れてこなくなるので、今では事前に確認してくれますよ(笑)。
ミルクについては、しっかりと話し合って置かれるほうがいいかと思いますが。ちゃんと話せば分かってくれますよ。
きっとね。

No.8786 10月11日(Fri) 00:38 投稿者名:のんママ 3ヶ月女の子
■ 大丈夫ですよ♪
ベルーガさんの”母乳で育てたい”と思われる気持ち十分わかりますよ。
全然勝手なことだとは思いません。
でも、あまりにも”母乳でなきゃ・母乳でなきゃ”と思っちゃうと無意識のうちにそれもストレスになってしまうような気がします。ミルクをあげることがストレスになってしまうと書かれてますがが、それはやっぱりどっかで”母乳じゃなきゃだめなんだ”っていうのが常に頭にあるからですよね。

私も3ヶ月の子供がいます。
里帰り出産した病院が母乳推進の病院でして、そこで色々とお話しを聞いて”絶対母乳で育てたい!!!”って私、思ったんですよね。それからおっぱいで育てられるように出産前から、乳首の手入れとか色々やってました。(私の乳首は、超小さくて飲みにくい乳首なんです)
もうとにかく”母乳”しか頭になくて・・・・出産した後は、それこそ誰かも書かれてましたがミルク(私の場合ほ乳瓶)=”悪”のような感じで、おっぱいが足りなくて泣き叫ぶ我が子を抱っこしながら「ここで、ミルクを足しちゃいけない。ここでほ乳瓶使ったらこの子は私のおっぱい吸ってくれなくなる!!」ってもうとにかく”おっぱい・おっぱい”と娘の小さな口に私の乳首を持っていく事を繰り返してました。

でも、ある日とうとう泣き叫びながら娘は私の乳首を拒否したんですよ。それこそ、全然受け付けてくれなくて、大泣きしながらおっぱいから顔をそむけるんです。娘と共に大泣きしましたよ。「何で飲んでくれないの~。おっぱい飲まなきゃ死んじゃうじゃないよぉ(ToT)」って。すると、母が「ミルクだってあるんだから大丈夫よ。1回くらいミルク飲んだからって大丈夫」と言って娘にミルクを飲ませてくれたのです。すると、飲むわ飲むわ良い飲みっぷりでしたよ。
その時は「あぁ、ほ乳瓶使っちゃった・・・・・」って、おっぱいを拒否された悲しみとほ乳瓶を使ってしまった悔しさで、正直かなりショックでした。

でもね、次おっぱいをあげた時はちゃぷちゃぷ吸いづらい私の乳首に吸い付いてくれたのです。
その時、肩の力抜けましたね。「あぁ、ミルクもあるんだ。1回くらいほ乳瓶使ってもおっぱいに吸い付いてくれるんだ」って。それから、少しずつ「ダメなときはほ乳瓶に頼ればいいかぁ」と思うようになった頃、おっぱいも軌道に乗りました。心に余裕が出たのかな。それからおっぱい一筋でやってます。
逆に、今は私の特殊(?)な乳首になれてしまったせいか、ほ乳瓶の乳首は全然受け付けません。これはこれで、再び「どうしよう・・・・」って思うこともあるんですけどね(苦笑)

おっぱいで育てたいって気持ちは全然勝手じゃない。
でも、あまりにも「おっぱいおっぱい」ってなっちゃうと力が入って出るものも出なくなるんじゃないかな?赤ちゃんが元気なら良いじゃないですか!!ダメなときは、ミルクに代打でお願いしようかなってのもありですよ。少し余裕を持って。子供って、ほんとママの気持ちに敏感ですもの。
まだまだ、ベイビーちゃんは3ヶ月。私も色々子育ての事で考え込んじゃうタイプなんですが一緒に頑張りましょうよ♪

No.8807 10月11日(Fri) 12:37 投稿者名:ベルーガ 3ヶ月 Boy
■ 少し元気になりました
うりぼうさん、どんちゃっくさん、のんママさん、どうもありがとうございます。
皆さんのお返事を読んでいて、また涙が出てしまいました。(今度は感激の涙です)

私はつい最近、ほんとに最近ようやく母乳だけでいけるようになったので、これからはおっぱいだけでいけるかもという喜びと、もう哺乳瓶には頼らないという思いが強くあったように思います。
でも少し肩に力が入りすぎていたようですね。
皆さんのお返事を読んで、少し気が楽になりました。

うちも突然私のおっぱいを拒否しだしたんです。含ませてもすぐにぷいっと口から離してしまうし、体をよじって泣き出します。(それは今でも続いてるのですが。)
どうも乳首混乱を起こしてるので、哺乳瓶の感覚を忘れさせるのが一番だと言われました。
だからせっかくおっぱい飲むのも上手になりつつあるのに、また哺乳瓶の飲みやすさを思い出したら・・・と思うと本当に怖かったんです。
でも少しぐらい哺乳瓶で飲ませても、おっぱい飲んでくれるんですよね。止まったりしないんですよね。

私の場合、まだまだ軌道に乗ったとは言えませんが、これからはもう少し楽な気持ちでやってみようと思います。
皆さんの言葉で救われました。
本当にありがとうございました。


Copyright © 2000- 母乳育児 新米ママのおっぱい入門 All rights reserved.
このサイトに掲載されている情報・画像・文章の著作権は、紗吉-さきち-または情報提供者にあります。
無断で転載することは堅くお断りいたします
PAGETOP