プレママ・母乳育児ママ「ねぇ聞いて!」掲示板

服部店長の母乳育児運営サイト「新米ママのおっぱい入門
母乳育児中のママさん達からお寄せいただいた投稿を紹介しています。
妊婦さん、母乳不足の悩めるママに役立つ情報満載!気になる育児のアレコレ、教えて!困った!6800件以上の過去ログです。

No.9462 母乳不足なのです。



No.9462 10月25日(Fri) 18:15 投稿者名:としこ
■ 母乳不足なのです。
入院中、退院後も思うように母乳が出ず、この1ヶ月ミルクを足しながら毎日おっぱいを何度も何度もあげてようやく最近少しずつでるようになってきました。とくに昼過ぎ~夕方、深夜に出が悪く、ミルクを50cc足してもまだほしがるので結局もう50cc足し、あやしてもとにかく泣き止まないので、こっちが泣きそうになりながらでないおっぱいをだらだらとくわえさせています。こんなときは、ミルクをもっと足したほうがよいのでしょうか。

No.9469 10月25日(Fri) 21:07 投稿者名:ぴのこ 1歳4ヶ月女
■ Re: 母乳不足なのです。
としこさん、はじめまして。
母乳が出ないのはとしこさんのせいじゃないですよね。産後すぐにおっぱいをくわえさせたり、母子同室にするなどの適切な母乳育児指導がなかったためだとおもいます。そんな中、よく今までがんばってこられたとおもいます!拍手!

私も生後2ヶ月頃までミルクを足してて、それから母乳オンリーになった者です。
私は母乳育児の専門家じゃないので適切な答えは出せませんが、私のやり方は、あまりにこっちが疲れてこれ以上吸わせても出ないわ~という時は、ミルクを100くらい作って足してました。ママが疲れると、おっぱいは出なくなりますもんね。一度、ママが休んで体制を立て直すために、赤ちゃんに寝てもらおう!と思ってました。

特に深夜などは疲れきっちゃって、他の家族が寝静まった中、泣いてる赤ちゃんとふたりだけ取り残されたような孤独感でいっぱいになりますよね。そんなときはもう、しょーがない。私はミルクを足しました。
でも、頻回授乳が崩れないように、3時間以上開かないようには気を付けたほうがいいかもしれません。でないとミルクに頼っちゃうものね。だからミルクを足すのは深夜の1日1回とか2回にとどめるとか。工夫が必要かなとおもいます。

おっぱいって、不思議なもので、「私はいいおっぱいがいっぱい出るんだ」という肯定的な自己イメージを持ってると、自然に出てきますよ。疲れた時はそれができないのね。とにかく、疲れをためないように、おっぱいのためにもむしろ赤ちゃんより自分をかわいがるようにつとめてください。赤ちゃんは自然に本能的にかわいがっちゃうものね。

No.9470 10月25日(Fri) 21:15 投稿者名:うにうに 1歳10か月女の子
■ Re: 母乳不足なのです。
こんにちは。
 たぶん、まわりのかたに、相談されても「ミルク足せばいいのに」と言う返事しか返ってこないと思いますが…。
 昼過ぎから夕方、深夜に、足りないと思われることは、たくさん泣かれるのですね。
 赤ちゃんが飲んで、眠るだけと言うのは、間違いです。
 飲ませれば、ドンドン飲んでしまうし、泣くたびにミルクを上げていたら、赤ちゃんは飲みすぎでお腹が苦しくって、ますます泣くと言う悪循環になってしまいます。

 ミルクを足すより、おっぱいをあげてください。
1回の時間は短く、左右各5分程度で、離すと泣かれますが、そこはあやして、数分後にまた、あげれば、赤ちゃんが何度もクチュクチュと刺激を与えてくれるので、母乳の分泌の促進につながります。この時期の赤ちゃんは、満腹感がなく、口が疲れるまで吸ってしまう傾向があるので、おしゃぶりに抵抗がなければ、それも一つの手です。

 夜中に、ずっと泣かれるのがつらい時は、昼間、寝ているのを起こして1時間に一回程度授乳すると昼、夜の区別がついて早い時期から夜は3時間ぐらいまとめて眠ってくれます。

 健診時に体重の増えがなかったら、たくさん、おどかされてまた、そこで悩んでしまうのですが、発育曲線のカーブってきれいすぎ、ミルクを缶の分量とおりにあげるとそうなるんだと思うことにしましょう。
でも、その時は桶谷の助産婦さんとかに相談されるのが一番ですね。

No.9494 10月26日(Sat) 08:58 投稿者名:としこ
■ Re: ありがとうございます
アドバイスありがとうございます。おっぱいがでないのであせってしまって。落ち込んだりするのも、おっぱいにはよくないですね。アドバイスを参考にしてまたがんばってみます。


Copyright © 2000- 母乳育児 新米ママのおっぱい入門 All rights reserved.
このサイトに掲載されている情報・画像・文章の著作権は、紗吉-さきち-または情報提供者にあります。
無断で転載することは堅くお断りいたします
PAGETOP