プレママ・母乳育児ママ「ねぇ聞いて!」掲示板

服部店長の母乳育児運営サイト「新米ママのおっぱい入門
母乳育児中のママさん達からお寄せいただいた投稿を紹介しています。
妊婦さん、母乳不足の悩めるママに役立つ情報満載!気になる育児のアレコレ、教えて!困った!6800件以上の過去ログです。

No.9917 母乳をお休みしてミルクになってしまいました



No.9917 11月05日(Tue) 00:15 投稿者名:せいやママ 3ヶ月 男の子
■ 母乳をお休みしてミルクになってしまいました
はじめまして。いつも掲示板を拝見してますが、初めてカキコします。
3ヶ月の男の子のせいやママです。2ヶ月半まで完全母乳で育ててきました。
母乳育児に幸せを感じていたのもつかの間で、私は足の関節炎にかかってしまい約3週間薬を飲み続けることになってしまいました。(結構、重症です・・・)
赤ちゃんに影響のない薬をと思っても3週間毎日抗生物質を飲み続けるとなると、さすがに赤ちゃんに影響がないとは言い切れないと思い、母乳を休んでます。
ミルクになってしまいましたが、私はがんばって3時間おきの搾乳をしてます。おっぱいも順調にでているようですが、赤ちゃんがおっぱいの飲み方を忘れてしまう。ということを聞いてびっくりしました。
今後も飲み続けると1ヶ月近くなると思います。
おっぱいを飲ませられる日がくるように頑張って搾乳しつづけますが、赤ちゃんも吸うようになるでしょうか?
心配です・・・

No.9925 11月05日(Tue) 09:54 投稿者名:ななぽー 2ヶ月 女の子
■ Re: 母乳をお休みしてミルクになってしまいました
私も少し前に風邪を引いてしまい4日間薬を飲みました。先生に、「おっぱいあげても大丈夫ですか?」と聞いたら、その時返ってきたのが「赤ちゃんも風邪をひいたら薬を飲むんだから」と言われてしまいました。でもその頃家の子はまだ1ヶ月だったので影響がないかすごく心配で。「そんな事よりお母さんの風邪を直す事を考えなさい」とまで言われてしまいました。でもやっぱり薬を飲みながら授乳するのって不安ですよね。その時飲んだ薬すごっかたんです。ボーとしちゃって。両腕も力が入らなくて。おいおいって感じでした。半日だけ旦那にやすんでもらいました。返事になってなくてごめんなさいね。搾乳大変ですが頑張って下さい。

No.9927 11月05日(Tue) 10:19 投稿者名:まーママ 2歳♂ 6ヶ月♀
■ Re: 母乳をお休みしてミルクになってしまいました
まず、薬と授乳に関しては、素人判断ではなく、ドクターなり薬剤師さんなりに、充分相談して納得した上で判断されるのがいいでしょうね。案外、影響は少ない場合もあるってことですから。そんなに心配ならやめとけば?ってことにもなりかねないけど、3週間を搾乳し続けるって大変だものね。

でもその上で搾乳を続けるということであれば、もちろん復帰は大丈夫ですよぉ。赤ちゃんもママもお互いに、何もなければしなくてすむ苦労をすることにはなっちゃうけど、それもきっと愛情と絆を深めてくれる経験になると、私は思います。

とにかく、早くよくなりますように!

No.9931 11月05日(Tue) 11:45 投稿者名:せいやママ 3ヶ月 男の子
■ Re^2: ありがとうございます
ありがとうございます。
私は産後すぐに風邪もひいて、医師に相談した上で5日間薬を飲みながら授乳して、なんとか風邪も治りクリアしたのですが、さすがに今回の3週間以上の薬となると抵抗があります。
今回の件で薬剤師や医師にいろいろ伺ったりして調べたのですけれども、赤ちゃんに影響がないわけない。といわれ、母乳はストップといわれました。
母乳復活のために桶谷式マッサージの方に訪問してもらって搾乳をしてます。根性で搾乳は続けられますが、赤ちゃんが吸ってくれないかもと断言されるような言い方を他の助産師の方に言われてしまいました。それが意外にもショックだったのです。
でも、ななぽーさんやまーママさんのお返事がとっても励みになります。大丈夫ですよね!がんばるぞ!!
本当にありがとうございます。
何としても足が治るようにがんばります。安静にするように言われていますが、これまた、子育てがあるから安静はなかなかできないので薬に頼るしかないのです。お母さんの体があってこそ、赤ちゃんを守り育てることができるのですよね。治ってからは(まだ、先だけど・・・)赤ちゃんとのおっぱい吸い付き練習をがんばります。

No.9932 11月05日(Tue) 12:08 投稿者名:ななぽー 2ヶ月 女の子
■ Re^3: ありがとうございます
体に気をつけてお互いに頑張りましょう。

No.9950 11月05日(Tue) 22:09 投稿者名:あき 6ヶ月 女の子
■ Re: 母乳をお休みしてミルクになってしまいました
ベビーが母乳の飲み方を忘れた経験があるので書き込みさせていただきます。出産で入院中、はじめは乳首を吸っていたんですが、乳首が切れて痛く、助産婦さんのアドバイスで哺乳瓶の乳首を乳頭に重ねて吸わせることをしていました。「赤ちゃんが直接吸うことを忘れたりしませんか?」と不安だったので聞いたみたら、大丈夫と言われたので直接飲むよりも上手の飲めていたのでそのまま2週間ぐらい使っていました。ら、ものの見事に、直接乳頭から飲めなくなっていました。1週間くらいかかりました、直接飲めるようになるまで。その後、ベビーが2ヶ月半のとき私が盲腸になり2週間入院。3時間おきの搾乳をしていました。ベビーはすっかり哺乳瓶っ子になって、乳頭を嫌がりました。でも、哺乳瓶に吸い付いたところを、サッと乳頭にすりかえるなどしていたら、退院の次の日からは母乳を飲んでくれるようになってくれました。うちの場合、2週間だったから忘れなかったのかもしれないけど、一度覚えたものだから、ちゃんと思い出すんではないかと思います。忘れちゃったとしても、新生児でもトレーニングですえるようになったから、きっとせいやくんもすぐにすえるようになると思います。長々書いちゃってすみません。赤ちゃんがいて、自分もいるのに母乳を飲ませられないのはつらいと思うけれど、がんばってください!

No.9989 11月06日(Wed) 16:06 投稿者名:せいやママ 3ヶ月 男の子
■ Re^2: がんばります!!
ありがとうございます!!飲み方を忘れた赤ちゃんの経験をなさっていたなんて!さらにさらに、心強くなりました!ありがとうございます!
やはり、2ヵ月半の赤ちゃんの時期に自分がどうにかなってしまうのって、つらいですよね。自分も赤ちゃんもやっとコミュニケーションが楽しくなって軌道に乗る時期なだけに・・・
私も3時間おきの搾乳や足が悪いので歩行困難でイラツイテ、さらに風邪もひいてトリプルパンチで落ち込んでいたところ、生理まで今日始まってしまって・・・ナーバスになっていたのですが・・・
あきさんの経験談を聞かせていただきとっても、とっても頑張れる気持ちがさらにわいてきました。
何よりも足を治すのが先決ですが、母乳もあきらめきれないのです。
うちのせいやも忘れているのはわかっているけれど、新生児のときにおっぱいを頻回授乳でがんばって乗り越えただけに、何とかなるかもと思うようにしています。
あと1週間薬をのんで、足の具合がよくなれば母乳開始したいと思います。それまで、望みを捨てずにがんばります。あきさん!ありがとうございます。
私もこの経験が役立って、他の方が同じように悩んでいたら結果どうなっても、がんばれーーと応援できる自分になりたいと思います。
足の関節炎が思ったより悪いのが難点ですが・・・早く治って欲しいです。悪くなってから1ヶ月になりそうです(^^;)

No.3 11月06日(Wed) 21:35 投稿者名:あき 6ヶ月 女の子
■ Re^3: がんばります!!
私の経験がせいやママさんの気持ちを少しでも軽くできたなら、すんごくうれしいです。3ヶ月くらいの時って、自分では平静に戻った気がしてましたが、今思うと、まだ体力も気持ちも完全に回復していなかったように思います。いろんなことが気になって悩んだり、イライラしてみたり、ダンナにあたったり。(今だって、少したってから見返せば平常心じゃないかもしれないけど・・はは)そんな中、せいやママさんはもっと大変な状況かもしれませんが、お足も風邪も母乳もみんな絶対うまくいくと思います。だって、すごくがんばっているんですもん、うまくいかないはずないです。母乳ライフはあと1年くらい続くぞ、と思うとまだまだ始まったところ!せいやくんも絶対のめるし、おっぱいもたくさん出てくる!!がんばってください!!!

No.12 11月07日(Thu) 00:21 投稿者名:せいやママ 3ヶ月 男の子
■ Re^4: がんばります!!
ありがとうございます!本当にうれしいです!
今もミルク「母乳相談室」で飲ませたのですが、時間をかけて飲んでる割には100ccくらいしか飲んでなくて、ゲボッと飲んだものを吐くしで・・・やっとドタバタが済みました。1日トータルしてもミルクを飲む量も少ないから少し不安ですけど、せいやは機嫌よいので大丈夫かなぁと思って様子みてます。(トータル650~700cc)
なんとしても、母乳が出ている間は飲ませたいので、体は疲れているけれど頑張ります。
あきさんの経験談が私のものにもなるように、あせらず気持ちにゆとりを持って過ごしていきたいと思います♪


Copyright © 2000- 母乳育児 新米ママのおっぱい入門 All rights reserved.
このサイトに掲載されている情報・画像・文章の著作権は、紗吉-さきち-または情報提供者にあります。
無断で転載することは堅くお断りいたします
PAGETOP