プレママ・母乳育児ママ「ねぇ聞いて!」掲示板

服部店長の母乳育児運営サイト「新米ママのおっぱい入門
母乳育児中のママさん達からお寄せいただいた投稿を紹介しています。
妊婦さん、母乳不足の悩めるママに役立つ情報満載!気になる育児のアレコレ、教えて!困った!6800件以上の過去ログです。

No.754 ミルクを薄めるのは?



No.754 11月25日(Mon) 00:10 投稿者名:きゅん 2ヶ月半 ♀
■ ミルクを薄めるのは?
こんばんは。いつもお世話になってます。
皆さんからの励ましで、一度は完全母乳になったものの、今また、混合になってしまいました。でも、まだまだ頑張ります。
ところで、ここの掲示板で、ミルクを飲ませる時、薄めてあげていますというのを、よく見かけるんですが、どうして薄める必要があるのか、教えて下さい。
そのまま飲ませると、赤ちゃんの胃に、負担がかかるからなのかな?ミルクの缶には、薄めると、栄養成分が損なわれると書いてあるので、薄めない方がいいのかな?と迷ってます。
なぜ、薄めるのか分からないけど、掲示板でそういう文を見てからは、とりあえず、10ccぐらい薄めています。(出来上がり、100だとしたら、湯を少し多めに入れて、110にする)
どなたか、分かる方がいらっしゃったら、どうして薄めるのか、どれぐらい薄めたらいいのかを教えて下さい。

No.776 11月25日(Mon) 12:51 投稿者名:どんぐり もうすぐ3ヶ月 男の子
■ Re: ミルクを薄めるのは?
きゅんさん、初めまして。どんぐりといいます。同じ月齢ですね。よろしくお願いします。
うちのせがれは、出産した病院での哺乳からすでに混合だったのですが、退院してから極力母乳を吸わせるようにし今は8~9割方母乳でいけるようになりました。ミルクを足す時は、40(2匙)のミルクを60ccのお湯で溶く事が多いです。少なくてよいときは、1匙を40のお湯で溶く(つまり通常の半分の薄さ)事もあります。以前は3匙を80CCで溶いたりした事もあったかな。私は、以前お世話になったおっぱいマッサージの助産師さんの指導でそうしているので、私の例での話ですが。
やはりミルクは足せば足すだけ母乳の生産量が減りますよね。母乳を増やすにはベビーに吸ってもらわなくちゃならないけど、足りない…栄養も心配…。そこでミルクを足す訳ですが、ミルクでお腹いっぱいになって3時間以内に次の授乳が出来なくても困るし、(母乳と比べて)味の濃いミルクを飲んでその味に慣れてもらっても困る…助産師さんの話では、薄目のミルクを少なめに(授乳間隔が開き過ぎない位)足している分には、いざ母乳が出始めた時にミルクをすんなりやめられる、ということでした。

余談ですが、普通の濃さのミルクをこの間味見したら、すごく甘くてびっくりしちゃいました。これに慣れたら母乳は味薄いだろうな~。

No.777 11月25日(Mon) 13:07 投稿者名:くりりん 6ヶ月 男の子
■ Re: ミルクを薄めるのは?
 私はミルクを薄めるやり方を、桶谷のマッサージに通うようになってから先生にすすめられました。
 目的はミルクを徐々に減らしていくことだと思うんですけど、たとえばミルク100ccあげてたとき、ミルク80ccにしてお湯の量を100ccにすれば、満腹感は同じだけど、ミルクの量は減ってるわけだから、早くお腹がすくんだそうです。それで母乳をあげていけば、自然と授乳回数が増えていくから、頻回授乳ができるというわけです。
 間隔があくようになったら、お湯80ccにミルク60cc、お湯60ccにミルク40cc・・・っていうふうに減らしていって、最終的に母乳オンリーにするのが理想だそうです。
 私はこうはなかなかうまくいかなくて、ミルク80はあげないと満足してくれないもので、ミルク80ccにお湯120ccに薄めてあげて、1日8回の授乳回数を確保しています。
 薄すぎるかな?とも思いますが、桶谷の先生によると、「薄めるのが2倍過ぎるとばれるけど、それまでは大丈夫(たとえばミルク50ccを100ccに薄めるとか)」とのことです。
 参考になりましたでしょうか?

No.794 11月25日(Mon) 18:54 投稿者名:くみ 3か月 ♀
■ Reありがとうございます
どんぐりさん、くりりんさん、ありがとうございます。
今、お風呂上がりと、深夜にミルクを足しているんですが、最後のミルクの後、娘が7、8時間寝てしまうので、不安になって相談にきたんです。
ここ何日か、それを続けたせいか、母乳の出が悪くなったように思えます。やっぱり、長時間、母乳を吸わせないのは、母乳の出を悪くしたり、質自体も悪くなりますよね?今日からは、もう少し薄めて、量も減らしてみようと思います。


Copyright © 2000- 母乳育児 新米ママのおっぱい入門 All rights reserved.
このサイトに掲載されている情報・画像・文章の著作権は、紗吉-さきち-または情報提供者にあります。
無断で転載することは堅くお断りいたします
PAGETOP