プレママ・母乳育児ママ「ねぇ聞いて!」掲示板

服部店長の母乳育児運営サイト「新米ママのおっぱい入門
母乳育児中のママさん達からお寄せいただいた投稿を紹介しています。
妊婦さん、母乳不足の悩めるママに役立つ情報満載!気になる育児のアレコレ、教えて!困った!6800件以上の過去ログです。

No.2431 鼻涙管閉塞症



No.2431 01月07日(Tue) 09:37 投稿者名:いまぽん 3ヶ月 男の子
■ 鼻涙管閉塞症
息子は、産まれた時から目やにが多く、1ヶ月の時鼻涙管閉塞症といわれました。
その時に「塞がっている涙道に針を通して涙の通りをよくする」という処置をしてもらいました。
でもその後も、朝起きた時の目やには多く、まぶたがくっついて目が開けられないようなときもあるくらいです。
いつも涙目でまつげは濡れっぱなしだし、外の空気に触れると涙ポロポロで。。。
眼科でもらった目薬をさしていますが、よくなりません。というか、最近は目薬も嫌がって暴れるので、しっかりさせてないのですが。。。
眼科では、よくならなければもう一度「針を通す」と言われていますが、3ヶ月を過ぎ体の動きも力強くなってきてるし、
前回の時も思ったんですけど、失敗して違う所刺されちゃったりしないだろうかと心配なんです。
麻酔して手術という場合もあると聞いたこともあります。
もし詳しく知っている方がいたら、お話聞かせてもらえませんか?

No.2452 01月07日(Tue) 22:52 投稿者名:どんちゃっく 1歳 男の子
■ Re: 鼻涙管閉塞症
こんばんは。
うちの息子、6ヶ月くらいのときに夏風邪から目やにがひどくなって眼科に行きました。
そこで教えられたことなのですが、マッサージが効くようです。
目薬をさしたあと、目頭と鼻の間を軽く押します。
それを2週間くらい続けたら、良くなりました。
でも、それで良くならない場合はブジーといって、針金で詰まっているところを通す処置がなされるみたいです。
いまぽんさんのおぼっちゃまもそれをされたんですよね。
眼科のお医者様曰く、「数回のブジーをしても再発を繰り返す場合は、細い管を(マカロニみたいに穴があいているやつ)を数ヶ月留置して詰まるのを防ぐ処置が必要になる」らしいです。
その処置はやはり大学病院とかで全身麻酔でしないといけないらしい。
でも、その眼科は6ヶ月でも麻酔ナシでブジーしてるらしいです。何でも、涙鼻管は神経がないので痛くないそうです。
でも、子供は押さえつけられたりするとそれだけで怖がって暴れると思うので、麻酔あった方がいいのかなーなんて、その時は思っていましたが。

結局うちは点眼とマッサージで良くなりましたが、いまぽんさんのところのおばっちゃまも、なるべく簡単な処置で良くなるといいですね。

あまり参考にならなくてごめんなさい。

No.2465 01月08日(Wed) 11:19 投稿者名:いまぽん 3ヶ月 男の子
■ ありがとうございます
お返事ありがとうございます。
また質問させて下さい。

どんちゃっくさんがされていたマッサージは、眼科で指導か何かあったのでしょうか?
素人でも適当によってもよいものでしょうか?
やるなら1日何回とか、何分とかありますか?(細かくてごめんなさい)

来週、眼科の診察日なのでその時先生に聞いた方がいいでしょうか?
でも先生は先月、「改善してなければまた・・・」と言われたので、そのブジーというのをするんだとおもいます。
でも、少しでもよくなればと思うのでまたお返事もらえるとうれしいです。

No.2489 01月08日(Wed) 18:39 投稿者名:どんちゃっく 1歳 男の子
■ 簡単ですよん
マッサージは眼科の先生が「ここ」と教えてくれましたが、場所は簡単。本当に目頭と鼻の間です。
うーん、よく大人が「目が疲れたー」とか言ってもみもみするところ。
そこを目薬のあと(うちは一日3回だったのでそのあと)かるーくもみもみするだけでした。
素人でも簡単ですよ。
あくまでも軽く、ね。

今、近くにあった家庭の医学っぽい本で読んだところ、マッサージで8割が改善すると書いてありました。

治るといいですね。
子供に怖い思いとかなるべくさせたくないですもんねー。
頑張って!

No.2503 01月08日(Wed) 23:25 投稿者名:いまぽん 3ヶ月 男の子
■ Re: 簡単ですよん
どんちゃっくさん、またまたありがとうございます。
来週受診なんですけど、1週間やってみます。
また受診した時先生に確認しますね。
本まで見ていただいてホントありがとうございました。
がんばります。

No.2510 01月09日(Thu) 03:15 投稿者名:スノー 1歳6ヶ月 女の子
■ マッサージの時・・・
いまぼんさん、こんにちは☆
助産師をしていまして、新生児ちゃんでも鼻涙管閉塞症のケースが多かったので少しお邪魔しますね。
眼科の医師に診察してもらうと、やはりどんちゃっくさんも言われているマッサージを『やってね』と指示されていました。
目頭から鼻へ・・・とマッサージするのがいいみたいですね。
そして、マッサージする時は、ベビーちゃんの皮膚を摩擦から守る為に、薄ーく指にクリームをつけてからするように指示を受けました。

> 眼科でもらった目薬をさしていますが、よくなりません。というか、最近は目薬も嫌がって暴れるので、しっかりさせてないのですが。。。


今でもかなり眼脂は多いのでしょうか?
抵抗されて大変だとは思いますが、眼科で出ているお薬(目薬)なのでしっかり付けてあげてくださいね。きっと抗生剤の目薬かな?
あと、清潔な濡れガーゼか綿花で、眼脂を見つけたらその都度こまめにそっと拭き取ってあげてくださいね。
> 眼科では、よくならなければもう一度「針を通す」と言われていますが、3ヶ月を過ぎ体の動きも力強くなってきてるし、
> 前回の時も思ったんですけど、失敗して違う所刺されちゃったりしないだろうかと心配なんです。
> 麻酔して手術という場合もあると聞いたこともあります。


ブジ-はママにとったら大事(オオゴト)ですよね。。。。
局所が局所だけに・・・わかります。
泣き叫ぶベビーちゃんを押さえてブジ-も立ち会ったりしましたが、自分の子だと逆に手を緩めてしまいそうになるくらいの声ですもんね・・・。
でも、スタッフも最善の注意を払って処置にあたりますので(ナースは絶対!!!に動かないように頭と体を固定して、医師も経験積んでいますので・・・)心配しないで下さいね(と言っても心配ですよね)。

それよりマッサージ効果があるといいですね!
(あと、目薬しっかり頑張ってくださいね~v)

No.2529 01月09日(Thu) 22:59 投稿者名:いまぽん 3ヶ月 男の子
■ Re: マッサージの時・・・
スノーさん、こんばんは。
通っている眼科ではマッサージの話なんて聞いたことなかったので、とても参考になりました。
目やにはまだ多いですね。
目薬がしっかりさせてないからなのか、全然減る気配がないんです。
息子の目は、悲しいことに鼻くそがついているかのようです。
できれば痛いことはさけてあげたいので、なるべく目薬&マッサージをがんばります。
ありがとうございました。
またこれからもいろいろとお世話になると思いますが、よろしくお願いします。

No.2537 01月10日(Fri) 00:19 投稿者名:エンちゃんママ 1歳5ヶ月女の子
■ Re^2: マッサージの時・・・
締め後にすみません。
うちも、新生児の頃から左目だけ目やにが多く、鼻涙管閉塞と言われました。

最初は町の眼科へ行ったのですが、そこでブジーのことを聞いて、びっくりしたので、総合病院の眼科へ行きました。
そこの先生が仰ることには、先生によって考え方は違うんだけれども(小さいうちに通してしまうか、目薬とマッサージで様子を見るか。)、管が細いだけかもしれないので、1歳ぐらいまでマッサージと目薬で様子を見ましょう、ということになりました。

マッサージはみなさんが書いておられるようなやり方ですが、うちは「ことあるごとにやってあげて」と言われたので、授乳の度にやっていました。(笑)
両眼ともやっていましたが、やっぱり、目やにが多いほうの左目は、押すと手ごたえがあるというか、ぶわっと涙がにじんできたりしていました。

うちは、徐々に目やにが少なくなっていったので、まず目薬を止めて様子を見て、それからマッサージもやめました。
目薬は確かに暴れるので、かなり無駄使いをしたと思います。寝ている時に、さしてから下まぶたをひっぱって、目の中に入れたら、とか言われましたが、上手くいかなかったので、授乳しつつさしたりしていました。(笑)

うちは、1歳になる前に治りましたが、友達の子供は5ヶ月の時に2回ブジーを通して、すっきりしたそうです。
いまぽんさんのお子さんも早く良くなられるといいですね。お大事になさって下さい。

No.2548 01月10日(Fri) 10:25 投稿者名:いまぽん 3ヶ月 男の子
■ Re^3: マッサージの時・・・
またまた貴重なお話ありがとうございます。
先生によって考え方が違うのは、いいのか悪いのかって感じですよね。
うちは1ヶ月の時からブジーをしたので、今月で3回目になるんですよ~。
目薬もホント難しいですね。私も1回の目薬で何滴も落としちゃってます。冷たいからなのか、それで暴れちゃってますね。(笑)
早く良くなるよう私なりに、がんばってみます。
怖い思いはさせたくないよ~。


Copyright © 2000- 母乳育児 新米ママのおっぱい入門 All rights reserved.
このサイトに掲載されている情報・画像・文章の著作権は、紗吉-さきち-または情報提供者にあります。
無断で転載することは堅くお断りいたします
PAGETOP