プレママ・母乳育児ママ「ねぇ聞いて!」掲示板

服部店長の母乳育児運営サイト「新米ママのおっぱい入門
母乳育児中のママさん達からお寄せいただいた投稿を紹介しています。
妊婦さん、母乳不足の悩めるママに役立つ情報満載!気になる育児のアレコレ、教えて!困った!6800件以上の過去ログです。

No.3286 パンパカパ~ン♪



No.3286 01月26日(Sun) 21:44 投稿者名:かん 15ヶ月 boy
■ パンパカパ~ン♪
どこへ向かっているのか、どこへ向かったらいいのか分からなかったカンで~す。

今日ね、ヒョンなことから主人といろんな話しをすることが出来ました。正直言って主人と話すと逆切れされちゃうのが怖かったんです。だからギリギリまで自分を押し殺して育児に没頭することで何とか自分をごまかしていたんだと思います。

今回は怒らず「何で今そういう気分なのか」ってちゃんと聞いてくれました。まー理系の人なので話が感情論になると、「話しがそれた」とか「それはまた別の話だよね?」とかって言われちゃうんですけどね・・・。それでも何とか彼の頭の中で整理してくれたようで、よかったです。

それでもやはり男性。「言わないと分からない」とハッキリ言われました。それが彼の中で身にしみるまであたしが言い続けないとダメなんだなぁ~ってことも十分分かりました。

思わず「それじゃ子供二人育ててるみたい」って言いそうになったけど、みんなもそうしてご主人を育てているんだろうと思い飲み込みました。

最後に「何処へ向かえばいいの」へレスして下さったみなさんすべてに~。あまあまちゃんのあたしには甘口論が涙をそそり、辛口論では「こうしちゃいられない♪」などと思うことも出来ました。こんなちっぽけなあたしの大きな愚痴に真剣に向き合って下さり、本当に感謝しています。

「未来が僕らを・・呼んでいるぅ~♪」チャンチャン
よかった・・・主人と歩み寄れて・・・うふふ☆

No.3295 01月26日(Sun) 23:22 投稿者名:きんときまめ 1歳4ヶ月 ♂
■ Re: パンパカパ~ン♪
はじめまして。きんときまめと申します。

かんさんの悩んでいるときの投稿、読みましたよ。お返事を書こうと思っていたのですが、なんせ息子にじゃまされっぱなしで(笑)

「言わなくてもわかることもあるけれど、言わなきゃわからなこともある。ただ、言うときはタイミングを考えるように」と先輩ママから教えてもらいました。

これからは小出しにしながらご主人へお話していきましょう。きっと今回のことでご主人も、かんさんのSOS信号がどんなものが気づいたと思いますよ。

なにはともあれよかったです♪かんさん、どこにも行かないでね(笑)

お子さん15ヶ月ということは・・・・1歳3ヶ月ですよね?うちの息子と1ヶ月違いだということもあり、かんさんの存在は気になっておりました♪

1歳を過ぎ、大変な時期に入ってきましたが、お互い不満を溜め込みすぎないように、がんばりましょうね。

No.3372 01月27日(Mon) 21:36 投稿者名:かん 15ヶ月 boy
■ ありがとう
きんときまめさん、ありがとう。

そっか、前から気にしててくれたんですね。

気が付かなかった・・・。

ありがとう。

これからも見かけたらよろしくお願いしますね。

男の子は大変ですね・・・。

はぁ~あとどれくらい続くんだろうな・・・。

No.3296 01月26日(Sun) 23:29 投稿者名:ぐうす 5ケ月 女の子
■ Re: パンパカパ~ン♪
> よかった・・・主人と歩み寄れて・・・うふふ☆

寝る前にのぞいてみたら、なんだかうれしくなっちゃう投稿が・・・。
かんさん、良かったね!
そういう話し合いを何度も何度も重ねて、夫婦の絆が強くなっていくのだと思います。
うちも結婚10年経ったって、そんなことの繰り返しですわ~。
かんさんにレスつけながら、私は自分の気持ちを見つめ直すことが出来ました。
こちらこそありがとう!
今夜は温かい気持ちで眠ることができそうです。うふふzzzz

No.3374 01月27日(Mon) 21:38 投稿者名:かん 15ヶ月 boy
■ うふふ☆
うん、ありがとね。

ぐうすさんに「うふふ☆」ってまたレス出来るようになって

あたしも嬉しいです。

結婚10年かぁ~。

想像できないけど、でも本当自分の親たちって凄いなって思います。

30年以上も夫婦をやってきているんだから・・・。

越えられない存在ですよね・・・。

ぐうすさん、またよろしくお願いしますね。

No.3317 01月27日(Mon) 11:05 投稿者名:ゆいママ5ヶ月♀
■ Re: パンパカパ~ン♪
かんさんよかったですね~。
「どこへ向かったらいいの?」をもう一度読み直してみると
私も今同じような状態でした。
昨日は主人結婚式にいってたんですが、なぜか披露宴が終わったら
まっすぐ帰ってくるものと思い込んでいた私は、連絡もくれずに
そのまま飲みにいってしまった主人にきれてしまいました!
電話でぶちきれてしまって、主人は二次会が終わったら帰ってきたのですが、
なんで起こってるのかわからん!意味が分からん!って怒っていて、
私も溜め込んでいた思いが一気に爆発して、泣きながら「
なんでまっすぐ
帰ってこない!連絡もないし。ぐずって大変なのわかる?いつも飲みにいって
帰り遅いし、当然のように飲みに行くし、一人でお風呂入れるのが大変だって
わかってる?自分は息抜きできるからいいけど私はぜんぜんできない!
家族が一番大事って思ってる?」
なんていってしまいました。日ごろの言えないことが溜まり溜まって、娘も
ここんとこぐずりがひどくて私疲れてました・・・
主人は「飲みに行くのも断ってはいるんだけど、そのへんわかってる?」って
いってました。それでもやっぱり飲み会多いから行くなよ!って思います・・・
その後あまりしゃべらず、今朝もあまり言葉をかわさないまま仕事に行きました。

向き合って話ができたかんさんによかったねっていいたかったのと、
うらやましいのとででてきちゃいました。
うちも今晩ゆっくり話せるといいな・・・

No.3375 01月27日(Mon) 22:01 投稿者名:かん 15ヶ月 boy
■ どうですか?
ゆいママさん、今夜は話しが出来ましたか?

ゆいママさんの投稿読みました。
あたしもね、主人うんぬんって言う前に日本の企業の育児休暇とか、
No残業Dayとか、もっと取り組んでもらえたらって思っているうちの一人です。例えば、主人が「木曜だけは早く帰ります」ってことが週間となれば、会社の人も「おい、今日は木曜日だぞ」とかってことにならないかなって。そしてうちの主人だけではなく、他の育児中のパパサンとも曜日を分けて「おれは火曜日」「それじゃ俺は水曜日」って感じでみんなで帰りやすくなるんじゃないかって・・・。

そうは言っても、30代40代は彼らにとっても油の載っている時期。
そして育児もその間がタイムリミットだという現実。
どうしたもんでしょうね・・・。

またレスくださいね。

No.3403 01月28日(Tue) 10:43 投稿者名:ゆいママ5ヶ月♀
■ Re: どうですか?
かんさん、こんにちは。
昨晩主人は、9時半くらいにご帰還されました。
いつもより早いのでびっくり&うれしかったです。
特別話はしなかったんですけど、雰囲気からなんとなく
わかってくれたんだなと思いました。
夜、娘を寝かしつけるのも、お風呂上がってからおっぱいで
寝かしつけてるんだけど、昨日は寝付いてくれずぎゃあぎゃあ
大泣きで、私がほっといていると主人が抱っこして寝かしつけようと
してくれました。(結局寝なかったので、添い乳で寝ました)
この気持ちが長続きしてくれるといいんですけどね。

主人は、車の営業やってるので休みの日でも納車だ、事故だって
出勤していきます・・・。でも4月から月2回会社全体が休み
という俗に言う定休日というやつができるのでそれに期待してます。
ほんと、日本の男性の育児に対する企業の体制ってなにも
理解
されてないですよね・・・
日本って勤勉すぎる!
でも、それでやってるんだからしかたないですよね。
なかなか簡単には体質は変わらないです・・・

主人の仕事のことはあまりわからないけど(なんでそんなに
忙しいのか)頑張ってくれてるんだと理解しないとな。
そうやって頑張ってるママさんたちここにいっぱいいるから・・・
頑張りましょう!

ときにはお互い不満も言いながら、いい家庭を作っていくぞ~!

No.3405 01月28日(Tue) 11:51 投稿者名:かなちん 10ヶ月 娘
■ Re: パンパカパ~ン♪
かんさん、こんにちは。
前の投稿のとき、お返事しそびれてしまい気になっていました。私も同じような心境だったので。
でもご主人とお話できてよかったですね。

私はよく不満を溜め込んでギリギリまで我慢しては、時々爆発させてます。実はつい先日も…。幸い旦那はいつでも話を聞いてくれるのですが、やっぱりハッキリ言わないと分からないみたいですね。態度では小出しにしてサインを送っているつもりなんですが、分かっているのかいないのか。「私が我慢すれば…」なんてがんばっちゃうと平気だと思われちゃう。
私のほうも、バクハツするまえにうまく気持ちを伝えることが今後の課題だなぁと思ってます。
私たちも親になったばっかりですものね。少しずつ成長していきましょ。

お互いがんばりましょうね~


Copyright © 2000- 母乳育児 新米ママのおっぱい入門 All rights reserved.
このサイトに掲載されている情報・画像・文章の著作権は、紗吉-さきち-または情報提供者にあります。
無断で転載することは堅くお断りいたします
PAGETOP